スタッフ

ピッコリーノのスタッフ

学園長

新美 康明
(株) ピエロタ、牧神画廊代表。箱根ドールハウス美術館館長。 日本感性教育学会理事、青山学院大学総合文化政策学部(地域再生)ラボ講師。横浜市美術館、おかざき世界こども博物館など全国各地の美術館の企画展示をプロデュース。 教育や美術に関する論説を新聞・雑誌に多数発表している。ピッコリーノに文化のエッセンスを提供。『英国 魔女と妖精を巡る旅』『ドールズハウスミニチュア世界の扉を開く』『使い捨て考現学』『平賀敬「巴里無頼」』など著書多数。


園長

新美 敦子
ピッコリーノ保育園園長。
桐朋学園大学短期大学部、日本女子大学家政学部児童学科卒。川崎市立小学校教諭を経て現在に至る。 幼稚園教諭1級・2級免許、小学校教諭1級・2級免許、中学校国語科免許2級取得。アロマテラピスト講習終了。生活クラブ会員。働く母親として3児を保育園に通算15年通わせた経験をもとに、理想の保育園づくりをめざす。


バレエ講師

政岡 由衣子
幼少よりクラシックバレエを山本小糸、合田祐子、ゆうきみほ各氏に師事。高校卒業後コダーツ芸術大学(オランダ)に4年間留学しコンテンポラリーダンスを学ぶ。現在スタジオや学童保育でバレエ・ダンス講師として活動中。ダンスカンパニーBATIK所属。まさおか式主宰。


外国語講師

伊藤 賀子
同志社大学文学部社会学科卒。日本語・児童英会話講師。ボストン大学大学院にて児童心理学を修める。1996~2000年、米国サンディエゴ現地校クラスマザーで米国日常文化を体感。日本文化・習慣を核とした独自の幼児英語教育を導入。小学校英語指導者資格取得。


音楽講師

多川 晃美
東京音楽大学付属高校、東京音楽大学ピアノ科卒業。ピアノを山本ちえこ、山口優、関根有子、原佳大 各氏に師事。第22回ピティナピアノコンペティションE級全国大会出場。2005年ウィーン国立音楽大学マスタークラスディプロマ修了。2006年モーツァルト生誕250周年記念ピアノ協奏曲の夕べにてモーツァルト祝祭室内オーケストラと共演。


ヴァイオリン講師

久武 春奈
4歳からヴァイオリンを始める。桐朋学園子供のための音楽教室にて、聴音、ソルフェージュを学ぶ。国立音楽大学ヴァイオリン科専攻卒業。室谷高廣氏に師事。
現在、東急beカルチャースクール、カワイミュージックスクール、ピッコリーノ学園各講師を務める。


ピアノ個人レッスン講師

石渡 真理子
東京音楽大学ピアノ科卒業(優等賞受賞)、応用音楽コース修了
全日本ピアノ指導者協会指導者会員、横浜バスティン研究会所属

竹山南幼稚園講師、日本キリスト教団仙川教会オルガニスト

「音楽は生涯の友」をモットーに分かりやすく楽しいレッスンをしております。


造形講師

大西 琴子
横浜美術短期大学(現在の横浜美術大学)絵画コース油絵科卒業、専攻科にて彫刻を学ぶ。中学校美術教諭免許取得。イギリス・ボンマスに留学、グラハム・ジョン・ウッズ氏にドールハウス制作を学ぶ。帰国後ピッコリーノ学園においてお絵かき教室を主宰。


音楽顧問

伊左治 直
東京音楽大学大学院修士課程修了。日本音楽コンクール第1位、日本現代音楽協会作曲新人賞、芥川作曲賞、出光音楽賞を受賞。個展の開催、ラジオオペラ制作、合唱団「Vox Humana」定期公演へ作品提供する他、「ジャック・タチ・フィルム・フェスティバル」でオープニングライブや、NYでの現代音楽祭に招待される等、様々な活動を繰り広げている。声、即興、パフォーマンスを取り入れた作品を数多く発表し、しばしば自身も出演する。


音楽講師

川上 統
東京音楽大学、同大学院を修了。現音新人賞受賞。作品はこれまでに、武生国際音楽祭、仏・ロワイヨモン作曲セミナー、HIROSHIMA HAPPY NEW EAR X、韓・大邱国際現代音楽祭等で紹介された他、多くの同時代の演奏家によって発表されている。生物全般に深い関心を寄せ、作品の多くが題名に生物の名前を取る。自身でチェロやピアノを用いた即興演奏を行い、現代音楽のみならず、様々な音楽やダンス等の他芸術とのコラボレーションも多い。

新美 桂子
東京音楽大学卒業後、ロッテルダム音楽院にて作曲の研修を積む。帰国後、北アルプス展望美術館企画展、日比谷図書館リニューアル記念展示会、Watch That Sound(オランダ)、外国映画輸入配給協会50周年記念式典、坂口安吾忌の会等に企画から携わり、自ら演奏にも参加する。埼玉スタジアムの音楽祭、ヨコハマ映画祭にバンド出演。画廊勤務の傍ら、アートレーベルpboxxを設立。総合アートの祭典「横浜ヴァージンフェスタ」主催者。


園長

新美 敦子
ピッコリーノ保育園園長。
桐朋学園大学短期大学部、日本女子大学家政学部児童学科卒業。 幼稚園教諭一級・二級免許、小学校教諭一級・二級免許、中学校教諭国語科二級免許取得。 川崎市立小学校教諭経験を経て現在に至る。在職中は、低学年、障害児教育に多く携わる。アロマテラピスト講習修了。生活クラブ会員。本人も3児を保育園に通算15年通わせ、働く女性としての体験も豊富。


園代表

新美 康明
(株) ピエロタ、牧神画廊代表。箱根ドールハウス美術館館長。 日本感性教育学会理事、青山学院大学総合文化政策学部(地域再生)ラボ講師。横浜市美術館、おかざき世界こども博物館など全国各地の美術館の企画展示をプロデュース。 教育や美術に関する論説を新聞・雑誌に多数発表している。ピッコリーノに文化のエッセンスを提供。『英国 魔女と妖精を巡る旅』『ドールズハウスミニチュア世界の扉を開く』『使い捨て考現学』『平賀敬「巴里無頼」』など著書多数。


施設長

小出明子
新潟県佐渡市生まれ。幼稚園教諭・保育士免許取得。平成10年ピッコリーノ保育園入職。翌平成11年ピッコリーノ保育園横浜保育室立ち上げ移行に尽力。
平成27年認可保育園移行に伴い施設長に就任。


音楽講師

多川 晃美
東京音楽大学付属高校、東京音楽大学ピアノ科卒業。ピアノを山本ちえこ、山口優、関根有子、原佳大 各氏に師事。第22回ピティナピアノコンペティションE級全国大会出場。2005年ウィーン国立音楽大学マスタークラスディプロマ修了。2006年モーツァルト生誕250周年記念ピアノ協奏曲の夕べにてモーツァルト祝祭室内オーケストラと共演。


英語講師

伊藤 賀子
同志社大学文学部社会学科卒。日本語・児童英会話講師。ボストン大学大学院にて児童心理学を修める。1996~2000年、米国サンディエゴ現地校クラスマザーで米国日常文化を体感。日本文化・習慣を核とした独自の幼児英語教育を導入。小学校英語指導者資格取得。


体操教室(対象2歳児)
ピッコリーノ学園に移動〈(株)総合体育研究所講師〉