保育園 食育 とうもろこしの皮むき

今年の梅雨は長く、ジメジメとした蒸し暑い日が続いていますね。

もうそろそろ、そのお天気ともお別れ…。ピッコリーノ保育園の子どもたちの元気な声と笑い声に、ようやく夏のお日様が顔を出してきそうです。お天気が悪くて、待ち遠しい水遊びもそろそろ始まるのが楽しみですね。

さて、今月の食育は、とうもろこしの皮むきをしました。

ステラ組では、栄養士さんがとうもろこしを持ってきてくれて、一緒に見ました。不思議そうにじーっと見つめているお友だちや、皮にも勇気を出して少し触ってみるお友だちもいましたよ。


とうもろこしに目が釘付け……


さわさわ…

ルーナ組では、とうもろこしの皮を少しずつむいてみました。一緒に皮を剥いてみると、びろーんとむけて、目をまん丸にしていたり、とうもろこしの髭にも挑戦して触っていましたよ。


ここから、びろーん


髭が抜けてびっくり!

ソーレ組では、1人1本!とうもろこしの皮むきに挑戦しました。先生の助けもありましたが、「ジブンデ」と真剣に皮むきをしている姿が逞しかったです。全部の皮を剥いて、黄色の実が出てきて、とっても嬉しそうな子どもたちでした。


わたしのとうもろこし、うれしいな!


左手で押さえて、うんしょ、うんしょ


歯を食いしばって頑張ってむくよ!       黄色がたくさん見えてきた!


みて!きれいにむけたよ!